リボ払いの罠にはひっかからない

2014年8月24日 / 未分類

近年、リボ払いが増加傾向にありますが、いいことばかりではありません。そのデメリットについて解説します。

 

毎月の支払いをほぼ一定にするので、無理なく返済できるというのが一番のメリットですが、ここに落とし穴があります。まず、購入した商品ごとの支払いではないので、その支払いがいつ終了するのか把握しにくい点です。楽に払える金額しか引き落とされないので、どんどん買い物を続けてしまうのです。その結果、元来高い金利設定ですから、雪だるま式に利息も増え、支払残高が膨らみ、延々と支払いが続くことになってしまいます。

 

 

借金なのに借金という感覚が持てないことが、一番の問題でしょう。
あとからリボ、自動リボ設定など、カード会社によっていろいろありますが、買い物をする際に一括払いと言えると、購入意欲は増すばかりです。また、ポイントの付与が多い、予算がなくても買えるなどの目先のメリットに惑わされることなく、返済を考えましょう。

 
そのためには、月々の支払を増やす、余裕のある時に支払い金額を増額する、残額を一括で払うなどの対応がひつようです。金利の低い銀行からの借り入れ、キャッシングを利用するなど、いろんな手段を選択肢に加えることを忘れないようにしたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る