カテゴリー「未分類」の記事

新たな買い物で利息の割合が増える

2014年8月24日 / 未分類

クレジットカードの返済においてリボ払いというのはとても便利なものです。この返済方法は分割返済にとても似ているのですが、内容が少し異なります。リボ払いはどれだけショッピングをしても、毎月の返済金額を一定にすることが出来ます。

 

 

どのくらいの金額まで設定することができるのか、これは利用している会社によります。最低金額がかなり小さいところもあるので、頻繁にショッピングをして、自分のペースでゆっくりと返済をしたいという人にとってはかなり便利な返済方法です。しかし、このリボ払いにおいて注意をしたいこともあります。リボ払いはかなり小さい金額を返済していくことが出来ますが、小額の返済を続けることで元本がなかなか減らないので、利息を支払う期間が長くなりやすく、またそれによって負担は大きくなります。

 

 

リボ払いは新たな買い物をしても、返済金額は今まで通りの金額で返済をし続けることができるので、金銭感覚が麻痺しやすく、返済をしているつもりでも、実際のところは返済金額が小さすぎてほとんど元本が減っていないということがよくあります。返済で小さな金額を返していくことは楽ですが、あまりにも返済額が小さいと金利の負担はとても大きくなります。

 

 

 

 

 

高い金利と借金意識の低さが危険

2014年8月24日 / 未分類

お金を借りることに慣れてくると多重債務になりやすくなります。なぜかというと、債務が増えて通常の収入だけでは返済することが出来なくなるので、別の貸金業者から借りたお金で返そうとするからです。また、同様のことはクレジットカードでのショッピングでも言えます。

 
通常、カードを使っての買い物というのは、返済のあてがしっかりとある状態で利便性を求めて行うものですが、お金を借りることに慣れる、つまり借金意識が少なくなってくると、返済計画をまったく立てないまま、カードで買えるのだから買ってしまおうという考えに陥る危険性があります。
また、その際、毎月の返済金額を出来るだけ少なくしたいということで、リボ払いを選択するというケースも出てきます。

 

 

リボ払いは、確かに毎月の返済金額が一定で返済しやすい方法ですが、通常の分割払いと比べると高金利で、元金に比べて利息が多いという特徴があります。つまり、利息だけは払っているけど、元金はあまり返さないので、債務をなかなか完済出来ないということです。

 
お金がないからカードで払う、あるいはリボ払いで返済するという考え方だと、余計に毎月自由に使えるお金が少なくなって生活が行き詰まりやすくなります。カードで商品を買う場合は、その点に充分注意しましょう。

 

 

 

 

 

リボ払いの罠にはひっかからない

2014年8月24日 / 未分類

近年、リボ払いが増加傾向にありますが、いいことばかりではありません。そのデメリットについて解説します。

 

毎月の支払いをほぼ一定にするので、無理なく返済できるというのが一番のメリットですが、ここに落とし穴があります。まず、購入した商品ごとの支払いではないので、その支払いがいつ終了するのか把握しにくい点です。楽に払える金額しか引き落とされないので、どんどん買い物を続けてしまうのです。その結果、元来高い金利設定ですから、雪だるま式に利息も増え、支払残高が膨らみ、延々と支払いが続くことになってしまいます。

 

 

借金なのに借金という感覚が持てないことが、一番の問題でしょう。
あとからリボ、自動リボ設定など、カード会社によっていろいろありますが、買い物をする際に一括払いと言えると、購入意欲は増すばかりです。また、ポイントの付与が多い、予算がなくても買えるなどの目先のメリットに惑わされることなく、返済を考えましょう。

 
そのためには、月々の支払を増やす、余裕のある時に支払い金額を増額する、残額を一括で払うなどの対応がひつようです。金利の低い銀行からの借り入れ、キャッシングを利用するなど、いろんな手段を選択肢に加えることを忘れないようにしたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットオークションのトラブルの手口

2014年8月24日 / 未分類

ネットオークションは、リサイクルショップなどで購入するよりも更に安く商品を購入出来る可能性があり、少しでも安く買いたいという人にとってはうってつけです。しかし、リサイクルショップを開くには古物商の資格が必要ですが、オークションに出品者と参加するには特別な資格は必要ないので、悪意を持った人が騙すために参加するということもあり得ます。

 
では、そういった人が出品者として参加した場合、どのようなトラブルがあるのかというと、一番多いのは、落札したにもかかわらず商品が送られてこないというものです。オークションの場合、基本的には落札者がまず代金を振り込み、その後に出品者が商品を発送するという流れになるので、上記のようなトラブルが起こりうるのです。

 

 

出品者に連絡しようとしても、提示された住所や電話番号などが嘘であるというケースも少なくありません。
では、こういった出品者をどう見分ければいいのかというと、評価をよく見ることです。落札されてもお金だけ取って発送しないという出品者は、悪い評価が複数付けられているケースが多いです。評価を確認して、商品が送られてこない、あるいは送られてくるまでに何ヶ月もかかったというものがあったら、その出品者が出品している商品には入札しない方が安全です。

 

 

 

 

 

トラブルを防ぐために購入前にチェックすべきこと

2014年8月24日 / 未分類

便利なインターネットを利用した通信販売のトラブルが急増しています。サイト内に「特定商取引法に基づく表示」という部分があるのをご存じでしょうか。特定商取引に関する法律では、購入者が不当な損害を受けることのないよう、購入者の利益の保護、円滑な取引のための広告表示事項の定めがあります。販売元はこれらをわかりやすく記載する必要があり、購入者はこの内容を理解、承諾したうえで購入をすることが前提になっています。

 

 

しかし、悪質な業者サイトでは、表示があいまいであったり、そもそも該当ページがない場合もあります。インターネットなどの通信販売では、購入者は事前に紙媒体での契約書もなく、商品の現物を手に取ったり実際に見ることができないという不利な条件に立たされます。そのため、広告事項をよく注視して、不明な点は事前に確認することが大切です。

 

また、代金を前払いすることのリスクもあります。通信販売ではクーリング・オフが適用されませんので返品に関する事項も重要なチェックポイントです。その他、トラブルを招きやすいサイトの特徴として、日本語が不自然であったり、振込先が外国人名義の口座である、と言われています。ネットショッピングは便利な反面、様々なトラブルが発生していることを忘れてはいけません。

 

 

 

 

 

ネットショッピングはサイトや販売元をよく確認

2014年8月24日 / 未分類

以前はネットで買い物をするのは怖いという意見がよく聞かれました。というのは、実際に存在する店舗に買い物に行くのと違って、本当に店が存在するのかわかりづらく、また、そういう店にクレジットカード番号などの個人情報を渡すのは問題があると考える人が多かったからです。

 
しかし、ネットで買い物をするのが一般化してからは、便利に使う人が増えてきました。ネットで買うと普通の店舗で買うよりも価格が安いことが少なくなく、また、宅配されるので店に行く必要がなく、便利だからです。

 

 

ただ、最近はそうやってよくなったネットショッピングのイメージを悪用するサイトが増えてきました。どういうものかというと、他のネットショップよりも安い価格で商品を提示して、お金だけを受け取って商品を送ってこないのです。
ネットで買い物をする人は、いつも買う所を決めて、そこで商品を検索する人だけではなく、まず、検索サイトで商品名を入れて、一番安い料金のサイトで買うという買い方をしている人も少なくありません。悪質なネットショップは、後者のような人を対象にして作られていると言えます。

 
ネットで買い物をする場合は、価格の安さだけに注目するのではなく、サイトの信頼性にも注意するようにしましょう。たとえば、サイト名で検索する、あるいはサイト運営者の住所を検索してみるというのが有効です。

 

 

 

 

 

多重債務に関するカウンセリング相談者の借入理由

2014年8月24日 / 未分類

急な出費のときはキャッシングやカードローンはとても便利な存在と言えます。

まず無担保、無保証で利用することができますし、来店の手間なくインターネットや電話からでも申し込みができ、多くの場合は即日融資にも対応してくれます。

コンビニATMなどからも利用することができ、返済も来店の手間がないので、とても利便性の高いものです。

正しく使っていけばとても便利なサービスと言えますが、その利便性の良さからつい使いすぎ、多重債務に陥ってしまう場合も少なくありません。

失業による生活苦などで生活費のために借りたとしても、返すあてがなければ、返済のためにさらに借り入れを増やしてしまうという場合もありますし、無計画に遊興費などに使ってしまうことで、いつの間にか借金が膨れ上がってしまうということもあるものです。

それゆえに、キャッシングやカードローンを利用するときは、本当に必要な額だけ借りるようにしたいですし、返済が終わっていないのにさらに借り入れを増やすということは避けたいものです。

借り入れをすれば、その元金だけではなく、利息もつけて返済していくこととなりますので、後で返済のことで困ることのないよう、利用前には返済計画はしっかりと立てておきたいものです。

 

 

 

 

「すぐに返せば大丈夫」なんて絶対考えない

2014年8月24日 / 未分類

消費者金融というのはお金を貸してくれる会社であり、お金が必要なときに利用するのはとても便利です。ほとんどの人はお金を借りるときにすぐに返せば大丈夫だと思うことが多いものです。しかし、現実的には借入金額にもよりますが、すぐに完済することはとても難しいものです。この理由は消費者金融からお金を借りるときは金利があるからです。

 

 

例えば、10万円を借りる場合、返済をするときは10万円プラス利息になります。この利息というのはそれぞれの消費者金融によって利率の設定が様々で、利率が低いほど負担は軽くなります。大きなお金を借りるほど利息のかかりかたも大きくなるので負担は増えます。そして、完済までの期間が長くなるほど、利息を支払い続ける期間が長くなるので負担が増えます。

 

すぐに返せるというのは、お金を借りて次の返済日で完済するなど、本当に短期で完済できることが重要で、そうでなければズルズルと返済が長くなり、結局は長期的な返済で、高い利息を支払い続けるというケースは多いです。しかし、消費者金融を計画的に考えて利用することが出来れば、本当にお金が必要なときにメリットに変えることができます。計画は非常に重要なのです。

 

 

 

 

 

消費者金融には手を出さない

2014年8月24日 / 未分類

「即日融資可能」「対面手続きなし」「インターネット手続き可能、来店不要」など、甘い言葉で誘う消費者金融のローンがますます増えています。
実際、多くの人が利用しています。

生活費が払えないから、軽い気持ちで、資金繰りにこまってなど様々な事情はあることと思います。
それでも、こうしたローンというのは浅い考えで手を出すべきものではないのです。

その理由としては、驚くほどの金利の高さにあります。
3,4パーセントの金利で低いほう、中には十数パーセントのものも多くあります。
そして手続きが無人機械でできるため、手軽だというメリットの裏に存在する、理解の浅さです。
そもそも手元に必要なお金がないためにローンを組んでいるわけですから、返済に窮することも想定されます。
しかし、そうした場合のペナルティについて理解をしないままローンが組めてしまうため、いざ返済が滞りはじめた頃にはもう返済不可能なほどの金額になっていることもあるのです。

そして、見落としがちなのは、いざ生活を立て直し、住宅を購入しようとしたとき、これらの履歴が足を引っ張るということです。
過去の信用のおけないお金の使い方が審査で引っかかり、金融機関のローン審査に通らないのです。

先々のことまでよく考え、身の丈にあったつつましい生活をし、地道に働くことが大切です。

TOPへ戻る