ネットオークションのトラブルの手口

2014年8月24日 / 未分類

ネットオークションは、リサイクルショップなどで購入するよりも更に安く商品を購入出来る可能性があり、少しでも安く買いたいという人にとってはうってつけです。しかし、リサイクルショップを開くには古物商の資格が必要ですが、オークションに出品者と参加するには特別な資格は必要ないので、悪意を持った人が騙すために参加するということもあり得ます。

 
では、そういった人が出品者として参加した場合、どのようなトラブルがあるのかというと、一番多いのは、落札したにもかかわらず商品が送られてこないというものです。オークションの場合、基本的には落札者がまず代金を振り込み、その後に出品者が商品を発送するという流れになるので、上記のようなトラブルが起こりうるのです。

 

 

出品者に連絡しようとしても、提示された住所や電話番号などが嘘であるというケースも少なくありません。
では、こういった出品者をどう見分ければいいのかというと、評価をよく見ることです。落札されてもお金だけ取って発送しないという出品者は、悪い評価が複数付けられているケースが多いです。評価を確認して、商品が送られてこない、あるいは送られてくるまでに何ヶ月もかかったというものがあったら、その出品者が出品している商品には入札しない方が安全です。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る